未分類

上腕三頭筋の鍛え方。腕を太く見せるなら重要な部位

投稿日:

腕を太く見せたいなら、上腕二頭筋よりも上腕三頭筋を鍛えたほうが効果があります。

上腕三頭筋とは

上腕二頭筋は知っている方も多いでしょう。

いわゆる力こぶの部分で、腕の筋肉自慢をする場合はたいてはこの部位ですね。

でも腕を太く見せるなら(あくまでも見せる)、上腕三頭筋を鍛えたほうが太く見えます。

上腕三頭筋とは二頭筋の裏側にある筋肉です。

上記図でいうと赤色部分です。

二頭筋は力を入れない限り、または腕を曲げない限り太くはなりませんが、上腕三頭筋は力を入れずに伸ばした状態でも太さがわかります。

ここの上腕三頭筋がもっこりなっていると非常にカッコイイということもあり、女子からの受けもいいです。

上腕三頭筋の鍛え方

上腕三頭筋の鍛え方は、ベンチプレスなどが一般的です。

負荷をかければかけるほど上腕三頭筋もきつくなってくるのがわかるはずです。

しかしながら、ベンチプレスはジムに行かないとできないですし、ジムに行ったとしてもベンチプレスエリアはなんとなく入りにくい雰囲気があったりするもんです。マッチョのガチ勢がいるため、素人は出てけオーラがあったりしますよね。

ということで、自宅でも簡単に上腕三頭筋を鍛える方法です。

必要なのはイスのみ。

イスの座面に後ろむきに手のひらを突いて、かかとと手だけで体を支えます。その後、腕立て伏せの容量で腕を曲げたり伸ばしたりすればOK。

動画を見てもらうとわかりやすいかもしれません。イメージはこんな感じ。

たった5回くらいやるだけでもめっちゃ来ると思います。普段あまり使ってない筋肉なだけあって悲鳴をあげるかもしれません。

でもこれが上腕三頭筋なんです。

できれば深く20回×3セットは毎日やりたいものです。たぶん15分程度でしょう。

翌朝筋肉痛でスマホいじるのさえ辛いかもしれませんが、1ヶ月も続けたら腕の裏側がもっこりしてきます。このもっこりは自分で触っても嬉しいもんですよ。

明らかに腕が太くなってるのが分かるんですから。

まとめ

ということで、今回は上腕三頭筋の鍛え方について紹介してみました。

腕立てや懸垂などで上腕二頭筋や胸筋を鍛えるのもいいですが、まずは見た目的な腕の太さを求めるのであれば、上腕三頭筋の方がはやく結果につながると思います。

使ってない筋肉なのできついですが、イスだけで自宅でもできるのでとてもおすすめです。

これを書いてたら、私も今日家で久しぶりにやってみたくなりました。

-未分類

Copyright© 【実質無料】パーフェクトビルドEAAの激安通販はココ! , 2018 AllRights Reserved.